子どものわきが改善方法

わきがの子どもを持つ親の悩みは、わきがが理由で、学校でいじめにあわないかということです。
わきがが理由で登校拒否になったり、いじめにあうということは、実際よくあります。

 

多感な時期に、わきがで自分に自信が持てなくなると、性格も引っ込み思案になってしまいます。

 

そうなると親としては、子どもの将来が心配です。
また、子どもにわきが治療をさせるといっても、親としては、子どもの体と心の負担が気になります。

 

子ども,わきが,学校,イジメ

 

実際、第二次性成長期を迎えていない子どもが手術を希望する場合、手術をしてもまたアポクリン腺が増加する可能性があるといいます。

 

保険適用とうたっているクリニックで手術を受けた結果、アポクリン腺の取り残しがかなりある状態で手術を終了するケースも報告されています。

 

子どもがわきがの手術をうけても、匂いが軽減されず、手術痕がひどくなってしまったというケースもあるようです。

 

そうなると親は心配で、気軽に子どもにわきがの治療を受けさせるわけにはいきません。

 

子どもにとって、わきがの手術は恐いので、手術をしたくないという子どももいるでしょう。

 

親は、子どもとコミュニケーションをとりながら、最適な治療法を見つけていかなくてはなりません。

 

 

 

子どものわきがをチェックする方法は、簡単です。

 

綿棒を用意し、耳の中に綿棒を入れて軽くこすります、後は、綿棒についた耳垢をチェックするだけです。

 

 

 

かさかさしている耳垢ならわきがの心配はありません。

 

綿棒が湿っている場合は、わきがの可能性があります。

 

キャラメルがとけたような耳垢が付く場合は、わきがの可能性大ということになります。

 

このような簡単な方法で子どものわきがをチェックすることができます。

 

この方法の信憑性は高く、コレで子どものわきが体質を調べることができます。

 

子どものわきがは、衣類でも簡単にチェックできます。
下着の脇の部分に黄ばみがついている場合、わきがの可能性が高いです。

 

アポクリン線の分泌物によって黄ばんでいる場合は、間違いなくわきがです。

 

わきが体質の場合、脇の範囲に一致するように、脇部分に、黄ばみの色が濃厚ではっきりしています。

 

アポクリン線の分泌物の中のリポフスチンという色素が黄ばむ原因です。

 

日本人の場合、茶褐色から薄い黄色という特徴があるので、子どもの衣類にそうした色が付いている場合、わきがである可能性が高いです。

 

お子さんのわきがに気づいたら出来る限り早めにケアをしてあげましょう。

 

 

ラポマイン「男性用」の詳細はこちら

 

ラポマイン「子供用」の詳細はこちら

 

子ども,わきが,学校,イジメ